top of page

それは最高の時代であり、最悪の時代であり、知恵の時代であり、愚かさの時代であり、信仰の時代であり、不信の時代であり、光の季節でした。それは暗闇の季節でした、それは希望の春でした、それは絶望の冬でした、私たちは目の前にすべてを持っていました、私たちの前には何もありませんでした、私たちは皆天国にまっすぐに行きました、そして私たちは皆反対方向にまっすぐに行きました -要するに、この時代は現代とあまりにも似ており、最も騒々しい権威者の一部は、良くも悪くも、この時代が最上級の比較においてのみ受け入れられると主張した。

bottom of page